倉橋三郎ベストセレクション2023カレンダー

アイコン:ブックを見るブックを見る




日本を代表する「桜の画家」と評される倉橋三郎は、
高知県香美郡土佐山田町(現・香美市)出身で、
純文学者倉橋由美子の実弟。

倉橋由美子の「暗い旅」の装画装丁を機に出版美術の道へ。
歴史・時代小説を中心に、山岡荘八、舟橋聖一、松本清張らの
作品3600冊以上の装画を手掛ける。

その一方、山野草や桜などを題材にした絵画や版画を制作し
個展を開いてきた。

【販売価格】2200円(税込)
企画・製作・発行:倉橋三郎ブックデザイン室
印刷:弘文印刷(高知市与力町)
連絡先:倉橋三郎ブックデザイン室営業本部
東京:090-6170-1975
高知:090-6281-0416
弘文印刷:088-822-0240

こちらもおすすめ

  • サンナカ

    <本の一部を試し読みいただけます!> 『サンナカ』とは、3人兄弟の真ん中のこと。 3人兄弟(姉妹)で育った方や、お子さんのい