【東京国立博物館】150年後の国宝展

アイコン:ブックを見るブックを見る




高知県立牧野植物園協力の下、日本の植物分類学の父、牧野富太郎博士と植物の美しさを繊細なイラストで紹介する『まきのまきのレター 土佐典具帖紙版』が、東京国立博物館の創立150年記念事業のひとつ「150年後の国宝展-ワタシの宝物、ミライの宝物」に選出されました。

場所:東京国立博物館 表慶館
期間:2022年11月02日 〜 2023年01月29日
時間: 9時30分〜17時(入館は閉館の30分前まで)
休館:月曜日(祝休日の場合は翌平日休館、ただし2023年1月3日(火)は開館)
2022年12月26日(月)~2023年1月1日(日)

お問い合せ先:株式会社 ENYSi
TEL:090-9951-1517
主催:東京国立博物館
公式サイト:https://150ourtreasure.jp/

こちらもおすすめ

  • 【オーテピア】コトノハvol.11

    オーテピア高知図書館の オススメをお届けする広報誌 【お知らせ】  ・祝!日本図書館協会建築賞受賞  ・年末年始休館のお知

  • 【大原富枝文学館】草を褥に

    植物学者・牧野富太郎博士と妻・寿衛子の夫婦愛を、遺された寿衛子の手紙とともに描いた、大原富枝の絶筆となった作品『草を褥に-小説 牧