桜写真

お花見特集

お家でお花見気分

今年は、外出自粛でお花見に行けなかったけど、
来年こそは、満開の桜に会えますように。
お部屋でもお花見を楽しめるよう、
高知県内の桜フォトスポットをご紹介します♪

高知の桜フォトスポット

1 高知公園

高知市内中心部。
高知城の三の丸周辺などに約225本の桜が咲き誇り、城と桜の共演を楽しむことが出来ます。夜桜を楽しむのもオススメです。

高知城

2 鏡川沿い

高知市鏡川沿い。
「天神大橋」から鏡川沿いに桜並木が続き、河川敷に芝生が広がる「みどりの広場」は市民の憩いの場になっています。

鏡川

3 堀川

高知市九反田。
文化施設かるぽーと辺りから堀川沿いに東へ約1キロ、鏡川大橋まで桜並木が続いています。並木道を眺めながらの散歩や、遊覧船でのお花見を楽しむことができます。

堀川

4 針木浄水場

高知市針木。
高知市中心街から車で15~20分位にある高知市針木浄水場。小山の斜面は、桜に覆われています。日中、ピクニック気分で出かけて、春の日差しを受けながらのお花見におすすめです。

針木

5 岡豊山歴史公園

南国市岡豊町八幡。
南国市を一望できる標高97mの岡豊山。その頂上には戦国武将「長宗我部氏」の居城・岡豊城跡。現在、城址全域は遺構を残しながら公園として整備されており、春になると、山の登り口から歴史民俗資料館までを桜が彩ります。

岡豊山

6 波介川堤防

土佐市用石。
土佐市を東西に流れる波介川の下流に位置する仁淀川右岸の用石地区の桜。

波介川

7 牧野公園

高岡郡佐川町佐川町甲(奥の土居)。
明治35年、植物学者牧野富太郎博士が東京染井で見つけた桜ソメイヨシノの苗を送ってこられ、それを地元の有志が青源寺の土手などに植えたことにはじまります。昭和33年に「牧野公園」と称し、中腹には、牧野富太郎と田中光顕の墓があります。

牧野公園

8 仁淀川町

吾川郡仁淀川町。
樹齢約500年、県の天然記念物にも指定されているひょうたん桜や、樹齢約200年の中越家のしだれ桜、市川家のしだれ桜、大渡ダム公園の桜、土居川の水面をピンクに染める池川ふれあい公園の桜並木など、仁淀川町には桜の名所がたくさんあります。
→【仁淀川町観光協会】HPでお花見情報をチェックしよう!

仁淀川町

9 早明浦ダム周辺

土佐郡土佐町。
四国最大の人造湖、早明浦ダム周辺には、約2000本のソメイヨシノが植えられています。早明浦ダムは「ダム湖百選」にも選ばれ、ダム湖に映り込んだ山や桜は、鏡のよう。桜の咲く時期には、さくらまつりで、夜間のライトアップも楽しめます。

早明浦ダム周辺

10 若宮八幡宮

高知市長浜。
長宗我部元親公が長浜城の攻防戦で、初陣戦勝を祈願したことで有名です。戦闘前夜、若宮八幡宮の松林に陣を張り、一夜心静かに戦勝を祈願し初陣に臨んだところ、瞬く間に敵を蹴散らし敗退させたそうです。満開の桜の花に囲まれた長宗我部元親像は、この季節しか見られません。

若宮八幡宮

11 枝川公園

吾川郡いの町枝川。
高知県運転免許センターの南側、いの町の東を流れる宇治川の上流部にある枝川公園。土手沿いには、たくさんの陽光桜が植えられています。

枝川公園

12 平山親水公園(ほっと平山)

香美市土佐山田町平山。
ダム湖周辺の親水公園で、四季折々に花や緑が美しく、桜の時期には、桜が咲き乱れ、散策を楽しんだり、お弁当を広げて花見を楽しむ姿も見られます。自然いっぱいの山の中に、小学校だった校舎を改築した地域交流施設もあります。

平山親水公園

13 鏡野公園

香美市土佐山田町宮ノ口。
『日本さくら名所100選』に選ばれた、県下有数の桜の名所「鏡野公園」。ソメイヨシノやヤエザクラなど多種の桜を楽しむことができます。全長約200メートルのサクラトンネルは、インスタ映えすること間違いなしの桜のフォトスポットです。

14 鮎乃瀬公園

安芸郡奈半利町乙車瀬地区。
奈半利川沿いにはソメイヨシノ約100本が連なります。咲き誇り風に舞う桜の花びらは、まるで絵のような妖艶な世界を見せてくれます。

お花見ガイドブック

01 香美市

香美市観光ガイドブック~KAMI STYLE~

全長200mの桜のトンネルで「日本の桜百選」に選ばれた桜の名所、鏡野公園、約600年の歴史を持つ八王子宮、ダム湖周辺に整備された桜の美しい平山親水公園、周辺は桜の散策に最適な遊歩道のある奥物部湖畔など、香美市には桜の名所がたくさんあります。

02 佐川町

牧野公園~花めぐり~

牧野富太郎が東京より「ソメイヨシノ」の苗を佐川町に送り、地元の有志たちによって町内に植えられ「日本の桜百選」にも選ばれました。牧野公園では、ソメイヨシノをはじめ、牧野博士の命名した桜「オオシマザクラ」「センダイヤ」「ヤマザクラ」「ワカキノサクラ」など、さまざまな種類の桜がより長い間楽しめるようになっています。

03 仁淀川町

仁淀川町で遊ぶ本

高知県の天然記念物に指定された樹齢約500年のひょうたん桜は、つぼみがひょうたん形をしたエドヒガン(ウバヒガン)。花は小ぶりで上品、樹勢いまだ旺盛。仁淀川町には、中越家と市川家のしだれ桜や、大渡ダム湖畔の桜並木など、桜の名所がたくさん。

04 香南市

こうなん お花見MAP 2020

花桃や桜、菜の花いっぱいの「西川花公園」でポカポカお花見はいかがでしょう♪
「かがみ花フェスタチューリップ祭り」では、今年は13回目にちなんで、なんと13万本130品種のチューリップが出迎えます。
イベントは中止になる場合がございます。
→【香南市観光協会】HPをチェックしてください。

05 佐川町

さかわ さくらまつり

牧野公園にて開催される恒例のさくらまつり。期間中は公園内はもちろん、酒蔵の町並みにぼんぼりが点灯され幻想的な風景が広がります。
さかわの桜の名所のひとつ、尾川地区・柳瀬川に沿う桜並木では、さくら祭りとウォークラリーもあります。
イベントは中止になる場合がございます。
→【さかわ観光協会】HPをチェックしてください。

昔は花見といえば
桜ではなくだった?!

今は、お花見と言えば桜を見にいきますが、奈良時代のお花見は梅の花が一般的だったようです。
当時、日本は遣唐使を介した中国との交易が盛んで、中国文化の影響を強く受けていました。物品も多く日本に伝わり、梅の花もそのうちの一つでした。
奈良時代に作成された『万葉集』で詠まれた梅の数は110首、桜は43首。梅は桜の倍以上詠まれており、梅がとても人気であったことが分かります。

その後、遣唐使の廃止によって、あらゆる日本の文化が見直されるようになり、古くから日本に生えていた「桜」を好むようになったと言われています。

【参考・参照元】
ウェザーニュース 「思わず誰かに話したい!お花見の歴史とルーツ
https://weathernews.jp/s/topics/201702/270055/
はな物語 お役立ちコラム「昔は桜より梅が人気?花見の歴史の知られざる変遷を紹介」
https://www.hanamonogatari.com/blog/1201/