牧野富太郎

牧野富太郎 正面

牧野富太郎博士

牧野富太郎博士は小学2年で自主退学後、実践的・独学で植物を学び、 新種や新品種など1,500種類以上の植物を命名しました。
極貧状態であっても植物への情熱を絶やさず、高価な学術書を購入し、 家の中は標本だらけ。
無茶苦茶な生活の様に見えますが、 学者としても人間としても破綻と共に高潔さが存在します。
あまりにも魅力的な人間なのです。
不世出の学者・牧野富太郎の器の大きさは計り知れません。

牧野富太郎 横顔

●植物学者 牧野富太郎博士(1862-1957)

牧野富太郎博士は、現在の高知県高岡郡佐川町に生まれました。高知の豊かな自然に育まれ、幼少から植物に興味を持ち、独学で植物の知識を身につけていきました。
2度目の上京のとき、東京大学理学部植物学教室への出入りを許され、植物分類学の研究に打ち込むようになります。自ら創刊に携わった「植物学雑誌」に、新種ヤマトグサを発表し、日本人として国内で初めて新種に学名をつけました。94年の生涯において収集した標本は約40万枚といわれ、蔵書は約4万5千冊を数えます。新種や新品種など約1500種類以上の植物を命名し、日本植物分類学の基礎を築いた一人として知られています。現在でも研究者や愛好家の必携の書である「牧野日本植物図鑑」を刊行。全国からの要望に応じて各地を巡り、植物を知ることの大切さを一般に広く伝え、植物知識の普及にも尽力しました。
1953年東京都名誉都民。1957年文化勲章受章。

出典元:高知県立牧野植物園
牧野富太郎 プロフィール
http://www.makino.or.jp/dr_makino/

アート絵本「まきのまきのレター」

牧野富太郎博士と植物を愛する喜びを伝えるアート絵本「まきのまきのレター」。
全編が美しい植物のイラストレーションで彩られ、牧野富太郎博士の魅力的な人柄と笑顔、その人生の印象的なエピソードが織り込まれています。
植物のイラストを手掛けたのは佐々木香菜子氏。牧野富太郎博士による植物図の様に細密に描かれる一方、大胆に抽象化もされて美しい世界観を構築しています。
絵に添えられた簡潔な文章は、牧野富太郎博士の生涯と人となりを端的に捉えています。

発行者からメッセージ

新たな時代を迎える現代にこそ生れて来て欲しい人間像。
その想いを込めて「まきのまきのレター」をお届けします。

わたしには成すべきことがある。

			すべての植物を明らかにすることだ。
わたしの庭にもぜひ訪ねてみてほしい。

高知県立牧野植物園

高知が生んだ「日本の植物分類学の父」牧野富太郎博士の業績を顕彰するため、博士逝去の翌年、1958(昭和33)年4月に高知市の五台山に開園。起伏を活かした約8haの園地には、博士ゆかりの野生植物など約3,000種類が四季を彩り、自然の中で植物に出会う喜びを感じていただけます。五台山という恵まれた自然環境に調和させながら、自然生態系が築かれた四国唯一の植物園として憩いの場として親しまれています。

高知県立牧野植物園HP

牧野植物園で開催中のイベント

ふるさとで牧野富太郎を感じる

ふるさとで牧野富太郎を感じる

牧野富太郎が産声を上げたのは、坂本龍馬が土佐を脱藩して1カ月後のことでした。幼くして両親を亡くし、 祖母に育てられた富太郎は、幼いころから植物に興味を持ち、小学校を2年で退学するも、植物採集をしたり、 書物で植物の名前を覚えたりと、独学で植物学の研究を続けました。
偉大なる植物学の父、牧野富太郎の生まれ故郷、佐川町には、町のあちこちに牧野博士ゆかりの場所があります。
自ら「植物の精」と名乗るほど植物を愛した牧野博士の思いを感じながら、巡ってみてはいかがでしょうか。

牧野富太郎の聖地を歩く

牧野富太郎の聖地を歩く

佐川町の西町に造り酒屋の跡取り息子として生まれた牧野富太郎は、幼少の頃から植物に強い興味を抱き独学で植物学の知識を深めました。
生涯において収集した標本は、約40万枚。新種や新品種など1500種以上の植物を命名しました。
牧野富太郎の生まれ故郷、佐川町には、町のあちこちに牧野博士ゆかりの場所があります。
自ら「植物の精」と名乗るほど植物を愛した牧野博士の思いを感じながら、各地を巡ってみませんか。

花と恋した日本植物学の父 牧野富太郎

花と恋した日本植物学の父 牧野富太郎

佐川町の西町に造り酒屋の跡取り息子として生まれた牧野富太郎は、幼少の頃から植物に強い興味を抱き独学で植物学の知識を深めました。
生涯において収集した標本は、約40万枚。新種や新品種など1500種以上の植物を命名しました。
牧野富太郎の生まれ故郷、佐川町には、町のあちこちに牧野博士ゆかりの場所があります。
自ら「植物の精」と名乗るほど植物を愛した牧野博士の思いを感じながら、各地を巡ってみませんか。

「まきのまきのレター」

イラスト
佐々木香菜子
発行元
株式会社ENYSi(えにし)  https://www.enysi.com/
情報提供元
高知県立牧野植物園     http://www.makino.or.jp/
佐川町役場         http://www.town.sakawa.lg.jp/
さかわ観光協会       https://sakawa-kankou.jp/